カテゴリ:怪我・病気( 65 )

ドリィの闘病記録 9日目
2013年1月29日(火曜日)

7:00 トイレ(170cc
8:00 食事:鶏肉・レバー・野菜(200g)
9:00 トイレ(200cc)
11:00 トイレ(150cc)
13:00 トイレ(200cc)
15:30 トイレ(300cc)
17:30 トイレ(200cc)
19:00 食事:鶏肉・レバー・野菜(100g)
19:30 トイレ(200cc)
21:30 トイレ(150cc)
23:00 トイレ(100cc)
1:00 トイレ(170cc)
3:00 トイレ(200cc)
5:00 トイレ(150cc)
その他口にしたもの:チーズ・マグロジャーキー・パン・さつまいも等

日中はほとんどを静かに寝て過ごす。
お水は一度にたくさん飲まなくなった。
それに伴っておしっこの量も減った。
食事はムラがあり、やはり一度に食べずちょっと食べてはもういいと言う。
今日はチーズがお気に入りらしくよく欲しがる。
ちょっと甘やかしすぎかも・・・。
でも確実に体重は落ちていると思う。
頬も肩も腰も骨ばっている。
あばら骨も呼吸に合わせ浮き出る様がハッキリと分かる。
f0025769_14122498.jpg


夜になると決まって激しく要求吠えをする。
今日はうんPをしない。
傍にいても続く高い吠え声に心がざわつきながらもどうしてよいか分からない。

血液検査の数値は日増しに良くなっている。
1週間が過ぎ、自分で作り出し始めた血液が体を修復しているらしい。
ガンバレ!ドリィ。


-----------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-01-30 14:13 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 8日目
2013年1月28日(月曜日)

今朝は食欲がない。
もしかしたら今度はうんPを我慢しているのかもしれない。
昨夜も何度か要求吠えをしてるのでトイレへ誘導しようとするが動かない。
10:00頃になってやっと食べる気になったようで完食。
f0025769_10523984.jpg


7:00 トイレ(270cc)
8:00 お水(500cc)
9:00 トイレ(200cc)
10:00 食事:鶏肉・レバー(300g)お水(300cc)
11:00 トイレ(200cc)
14:00 トイレ(300cc)
14:30 おやつ(クッキー・チーズ)
15:00 往診 抗生剤注射・検温・褥瘡手当
15:30 お水(100cc)
16:00 トイレ(250cc)
18:00 トイレ(270cc)
19:00 食事:鶏肉・レバー・さつまいも(200g)お水(100cc)
20:00 トイレ(200cc)お水(400cc)プリン
22:00 トイレ(200cc)
24:00 トイレ(300cc)うんP お水(100cc)
2:00 トイレ(200cc)
5:00 トイレ(150cc)

うんP、我慢していたがやっと出た。
夜中0時頃、抗議の声が続いた。
ベランダに誘っても動こうとしない。
つい声も荒くなる「トイレしたいんでしょ?行こう!行くよ!立って!」
動きたくても動けない。動きたくない。でもトイレに行きたい。
ドリィの気持ちも分かる。
「寝たまましてもいいんだよ?」
私もドリィに分かるようにお尻をポンポンと叩いていいよ!と伝える。
それでも大声で訴え続けるドリィ。
30分以上もこんな状態が続き私の何かがはじけた。
鼻水を流しながら大泣き。
しばらく泣くとスッキリした。
気持ちを切り替えドリィにやさしくゆっくりと語りかけた。

「トイレだよね?」ドリィの目がベランダの扉を見つめる。
再び私に目を向けたドリィに
「トイレ行こうね」またベランダに目を向けるドリィ。
そしてゆっくりとベランダのドアを開けると
すっくと立ち上がるドリィ。
軽く支えながらドアへ誘導。
そのあとは自主的に歩くのを見守る。
すぐに腰を落とし排泄。
(できたね!えらいねドリィ!!)
騒がず、当たり前を装うのは簡単じゃない。
でもぐっと我慢して平静を装い、後処理。
ドリィも部屋に戻り立ったままお尻を拭いてもらうのを待ってる。
お尻を拭いてやると横になり安心したようにお水を飲み寝始めた。
f0025769_10523620.jpg


ドリィは目で会話する。
以前からおやつが欲しい時におやつのビンと私を交互に見て意思を伝えようとする。
もちろんたくさんの言葉も理解している。
主におやつに関わることだけど!
f0025769_10524230.jpg


愛おしい。

------------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-01-29 10:55 | 怪我・病気

皆様へ
ふと気づけば山場と言われた3日間が過ぎ去り1週間が過ぎました。
血液検査での数値は改善に向かってます。
血小板も14.9に。
まだしばらくは安静が必要ですが危険は脱したようです。

みなさんの心温まるお言葉ありがたく頂戴しております。
今はまだひとりひとりへお返事をすることができませんがお許しください。
本当に感謝しております。
ありがとうございます。


春になったら満開の桜の下を散歩するのが目標です。
がんばります(^^)
f0025769_1742579.jpg



------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-01-28 17:42 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 7日目
2013年1月27日(日曜日)

今日はベランダまで歩きうんPがでた。
でもやっぱりコールタール状。
食欲も増してはいるが午後になると動きたがらない。
ドリィのジレンマ的な要求や甘えが増す。
理解してやれない訴えが続くとどうしていいかわからなくなる。
辛い。

7:30 トイレ(カテーテル350cc)
8:00 食事(鶏肉・牛肉100g)
9:00 お水(200cc)
10:00 トイレ(カテーテル350cc・大タール状)
11:00 お水(200cc)
12:00 トイレ(カテーテル200cc)
13:00 往診 注射・採血(体温39.5)
14:00 トイレ(カテーテル150cc)
13:30 クッキー2枚・鶏肉50g・お水100cc
16:00 トイレ(カテーテル200cc)
16:30 お水(300cc)・プリン
18:00 トイレ(カテーテル280cc)
18:30 食事(鶏肉・レバー200)お水(400cc)
20:30 トイレ(250cc)
23:00 トイレ(250cc)お水(200cc)
24:00 トイレ(100cc)
5:00 トイレ(280cc)お水(400cc)

f0025769_17335652.jpg


昨夜に引き続き少し熱がありだるそう。
冷たいタオルで体を拭いてあげると落ち着く。
往診時体温を測ったが解熱剤を使うほどではないので様子をみることに。

おしっこは毎回トイレシートに受けていたが毎日のごみの量が半端なく尿瓶を購入。
これが結構使いやすい。
カテーテルで受ければいいだけだからつきっきりじゃなくても安心。
f0025769_17335416.jpg


相変わらず友人たちがドリィのお見舞いに来てくれる。
本当にありがたい。
f0025769_17335125.jpg


たわいのない話で笑い、鬱々とした気分もどこかへ飛んでいく。
泣いている暇なんてない^^;
f0025769_17334987.jpg

おいしそうなクッキーも届いた^^
ドリィ食べられないからさらさに・・・なんて言われてたけど
残念ながらドリィしっかり食べてます^^;
ありがとう!
-----------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-01-28 17:39 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 5日目
2013年1月25日(金曜日)

少しずつ食事を口にするようになってきた。
その時々で好みが変わり食べたくないものはプィっと顔を背ける。
とにかく、水はよく飲む。
でも頭を起こす元気がない時は注射器で水分補給。
f0025769_16235532.jpg

とっても上手に飲める。

今日は鶏肉をオーブンで焼いたものを細かくし、さつまいもと茹でたものを与えてみた。
なんと!!ガツガツと食べた!!
f0025769_16235758.jpg

この様子だとうんPが出るのはそう遠くないはず・・・?

昼の往診。
昨日の採血で血小板の数値が少し上昇したとのこと。
採血4日目、5.1だった。
目標は15 ドリィ!がんばろーね!
今日は注射と採血、点滴はなし。
食事ができるようになったので薬を処方された。

先生が診察してくれているときは、いつも静かに寝ているドリィ。
先生が帰った途端、ヒャンヒャン。

いつものように添い寝してみるが一向に静かにならない。
さてはトイレ?
そこで寝たまま排尿を済ませてからベランダへと誘導してみた。
f0025769_1624167.jpg

やっぱり!でも真っ黒なうんP
どうやら血が混ざっているようだ。
その後は安心したようにぐっすり。

夕方、友人がさらさを散歩に連れ出してくれる。
戻った際、ワンコ達もあがっってもらう。
楽しいひと時。癒されました(^^)
f0025769_1624576.jpg


20:00頃 吐き気
何度か嘔吐したそうにするが何も出ない。
苦しそうなので先生に電話。

21:00頃 往診
吐き気止めの注射。様子をみることに。
しかし、朗報も!
今日の血液検査でまた血小板の数値が上がっていた。5日目、9.0
血小板が増えてきたことで腰を締めていたベルトを外してみることになった。
その際、尿管も外した。

先生が帰った後、水を欲しがるので与えると500cc程を一気に飲む。
そして少しだが透明の液体を吐いた。
圧迫したお腹から解放されたドリィはゴロゴロ寝返りをうっては動き回るので静止するのが大変。
どうやら吐き気があるので楽な態勢を探しているようだ。
そして伏せの状態が一番楽らしくしばらくその態勢で過ごす。
それからも何度か吐いたがだんだんと落ち着く。

夜中も2度吐いたが明け方にはぐっすり寝れたようだ。

ドリィが何を伝えようとしているのかを察するのは長年の付き合いだからこそ分かるものもある。
しかしドリィの心の訴えはどこまで理解できているんだろう?
注意深くドリィの要求を理解していきたい。

-----------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-01-26 16:31 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 4日目
2013年1月24日(木曜日)

2時間ごとの排尿は思ったより大変かもしれない。
一度に2時間以上寝れないということ。
それはドリィも同様。
タイマーをセットしてはいるが、ドリィはきっちり2時間ごとに排泄を私に教えてくれる。

朝はペースト状のフード、プリン、カステラ、さつまいもなどを自分から進んで食べてくれた。
f0025769_055469.jpg

水もよく飲み2時間ごとの排尿では大判のペットシートに毎回たっぷりと出す。

昼頃の往診、今回も点滴、注射、採血。
f0025769_06168.jpg

紫斑は紫色が濃くなり広がっている。
f0025769_055735.jpg

ちょっとでも私が離れると「フンフン」鳴いたり調子が良いと「ワン」と呼びつける。
ドリィがウトウトしている間に洗濯や食事の準備、それからこうしてブログを書いている。
ドリィが起きてフンフン言い出すと寄り添って体を撫でながら話しかける。
そして食べられそうなものを与えてみる。
昨日食べたのに今日は食べなかったりするのだ。
その繰り返しで1日が終わる。
血小板が少ない以外は毎日少しずつ元気になっているように感じるのだが・・・。


-----------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-01-26 00:09 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 3日目
2013年1月23日(水曜日)

今朝は何も口にしようとしないし、動こうともしない。
昨夜、正確には明け方だが、ベランダで排尿させた時に尿管も外れてしまった。
タオルを巻いているので漏れても吸収してくれるのでいいや!と再挿入はせずに朝を迎えた。
それにまた自分でしたがるかもしれない・・・と思っていたのだが。
先生の往診がある昼ごろまで寝返りもしなかった。
昨夜動いたことで疲れてしまったのだろうか?

昼頃先生の往診時、昨夜の件を報告。
やっぱりあまり動かさない方が良いとのこと。
再度尿管を入れ、点滴、注射、採血。

ドリィの血小板の数がかなり減少している。
通常は20~35なのだが、21日は4.1。22日は2.7と減少している。
5以下になると紫斑が出始め危険が増すらしい。
ドリィはまさに危険値。
しかも連日低下している。

夕方、先生から電話で、今日も血小板の数値が低下しているとのこと。
これ以上は危険なので夜、ヘパリンを注射しに来るとのこと。
ヘパリンは血を固まらなくするもの。
出血を止めなければいけないドリィに対し相反するようだが、
血小板を消費することを最小限にするための処置。

21:00先生の往診。
今日の血小板の数値は2.2
先生の言うとおりドリィのお腹に紫斑が出始めた。
f0025769_13441176.jpg

1時間前はなかった。
紫斑は歯茎や白目、体などに出てくるとのこと。
現在はお腹の下部分のみ。
しかし時間とともに色濃く範囲も広がりつつある。

ドリィに会いに来てくれる友人たち。
ドリィも私も本当に感謝している。
ありがとう。
差し入れやパパさんの夕食に!とおかずまで作って持ってきてくれるご近所さん。
私はほんとうに幸せ者です。
感謝してもしきれない。
それからさらさを散歩に連れ出してくれたり、
ドリィを差し置き甘えるさらさの相手までしてくれて感謝!
f0025769_13561579.jpg

ホントに本当にありがとう。

-------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-01-25 13:58 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 2日目
2013年1月22日(火曜日)

お水はよく飲んでくれるが食事は嫌がる。
どうにかプリンやポカリスエットなど口に入れるがすぐ顔を背けてしまう。
固形物は吐き出してしまう。

今日も先生が往診に来てくれた。
毎日12:30頃の往診が続きそう。
点滴、注射、血液採取。
容態を確認し指示を受ける。
f0025769_15421953.jpg

昨日から毎日犬友がドリィに会いに来てくれる。
ドリィは嬉しそうに頭を起こし甘える。
f0025769_15421682.jpg

目の輝きも昨日よりスッキリと澄んでいる。
さらさはドリィが口に出来なかった差し入れをラッキーとばかりに貪る(笑)
そして私も!!とお客さんのヒザに座っては邪魔をしている。

深夜12時に排尿を済ませ私もウトウト。
AM3:00頃、ふと、ドリィの動く気配に目を覚ますとドリィが立ち上がってた。
水飲み場へと歩き水を飲む。
そしてそのままベランダ(通常のトイレのある場所)へと歩く。
私はあっけにとられ動揺。
蓋をした尿管が通してあるので腰を落としても排尿はできない。
部屋に戻し入れドリィを寝かせトイレシートで排尿。
ドリィの体力が回復してきてるのか?とちょっとうれしい動揺に代わる。
その後AM6:00にタイマーをしてまたウトウト。
ドリィはAM5:00頃に再び起き出しベランダに出たがる。
どうしよう?自分でやらせてみようか?うんPがしたいのかも?
悩んだがトイレに誘導し腰のベルトを外した。
すると腰を落とし自分で排尿をした。
その後、何度かぐるぐるとまわっているがうんPはでなかった。
深夜でも2時間以内に排尿させる必要がありそうだ。
明日自分で排泄させてもよいのかを先生に確認しよう、と思いながら
またドリィと添い寝しながらウトウト。

昨日よりは少し元気が出てきたように感じた2日目だった。



--------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-01-24 15:45 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 1日目
2013年1月21日(月曜日)

ドリィの様子がおかしくなったのは
昨日の夕食時。
ドリィがフードをまったく食べない。
f0025769_19414660.jpg

実は昨日まで茨城の実家に行っていた。
夕方帰ってきてホッと一息つき、どりさらの夕食を準備したのだが
ドリィはまったく口もつけず、ソファーへと戻ってしまった。
疲れが出たのかな?
この時はその程度の考えだった。
翌日、21日になって朝食の準備をしてもまた食べようとしない。
動きは少し緩慢だがお水は飲みに来るし朝の散歩も近所をちょっと歩いてきた。

午前中は様子を見て午後病院に行ってみようかな?と考えていたが
オヤツにもまったく興味を示さず覇気もないので11時ごろ歩いて5分ほどの病院へと連れて行くことにした。
しかし、途中半分も来ていないところでピタっと足を止め伏せてしまった。

動けなくなったドリィを抱え家に戻るしかないのだが5歩も歩くともう耐えられない重さ。
家には誰もいない。さらさしか・・・。
近所の犬友に電話して助けを呼ぶ。
二人がかりでどうにかドリィを連れ帰り病院へ電話。
すぐに往診に来てくれた。

エコー検査をすると脾臓に腫瘍らしい影と大量の液体の影。
脾臓の腫瘍が破裂、もしくは剥離し出血しているらしい。
安静にしていなくてはいけないため尿管を挿入し、お腹にはタオルを巻いた後、
私のマジック伊達締めできつく締め上げ圧迫。

輸血の代用液を点滴。
「2、3日が山場ですね」と言われる。

この時ドリィは大量出血のため貧血状態で手足の先は冷たく歯茎や舌が真っ白。
麻酔の負担に耐えられる体力もなく安静にしているしかなかった。

パパさんが夕方早めに帰宅したので留守番を頼み急いで買い物に出かけた。
帰り道携帯が鳴る。
「ドリィの様子が明らかにおかしい!!」とのこと。
急いで帰ると平然とドリィが頭を持ち上げお出迎え。
「どうしたの?普通じゃん?」と私。
パパさん曰く、目線が定まらず硬直しておかしかったんだとのこと。
その意味がのちほど私にもわかることになる。

買ってきた食材でドリィが食べれるようなものをいろいろ工夫してみるが
まったく受け付けてくれない。
水だけは布に含んで口の中に浸せばわずかながら飲んでくれる。

夜、ソファーにいたドリィを布団に移動させようとした際、異変が起こった。
四肢を突っ張り一点を見つめ首をのけ反る。
どのくらいの時間だったろうか?
1分?5分?10分?
ドリィの名を呼びながら別れを覚悟した程だった。
病院に電話し状況を伝えた。
ショック状態になっているらしい。
電話を切りしばらくドリィに語りかけていると「フッ」っとドリィの意識が戻った。
瞳に光が戻り四肢のこわばりがなくなった。
とても怖い時間だった。
ドリィは何事もなかったように横になると少し荒いがしっかりとした呼吸を続けている。
大騒ぎしている私に飽きれてまだダメか!とでも思ったのか。
ドリィは戻ってきた。
戻ってきてくれた。

その後、先生が往診してくれて数本の注射と点滴。

尿はあまり出ない。
目もちょっと虚ろで脱力した感じだが私が少しでも動くと必ず目で追っている。
f0025769_19414760.jpg

お水は器を口元に持っていくと自分で飲む。
あの恐怖の時間がウソのように落ち着いている。
しかしドリィは目を閉じようとしない。
ドリィも怖いのだろうか。

この夜からリビングで一緒に添い寝。
記録として残すためにも日を追ってブログを書くことにした。
ドリィを知っている方たちには心配をさせてしまうかもしれないが
これを書き始めた1/23現在、山場と言われた3日目が過ぎようとしている。





-------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-01-23 19:59 | 怪我・病気

さらさの胆嚢炎
9月13日
さらさが胆嚢炎と診断されてから1週間
血液検査の再検査をしてきました。
f0025769_10334270.jpg

数値は減少してましたが、まだ基準値には至らないので
また2週間後再検査を予定し抗生剤と利胆剤の服用を続けます。

・・・とはいえ、さらさは元気復活したように生活してます。
普段からテンションの低いさらさ。
部屋の中では一切遊びません(^^;
散歩もボール遊びを禁止してるのでドリィと一緒に歩き散歩。
f0025769_10334572.jpg

朝散歩はお友達のベッキー&アンと多少は追いかけっこして遊んでます^^

でも、、、ちょっとお漏らしが始まっちゃったのでおむつ着用。
f0025769_1033391.jpg

この写真はおむつされてふてくされているように見えるけどこれが普段のさらさですよ(笑)
さらさはおむつに対して嫌がっていません。
「さらさおむつしよー」と言うと、ソファーから飛び起きてきて進んでお尻を私に向けてきます(爆)

とりあえず心配するほどの状況でもなさそうなので様子を見ることにします。


-------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2012-09-17 10:42 | 怪我・病気


ドーベルマンと暮らす日常  レビン2015.5.17生まれ With ドリィ&さらさ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
4月のレビン
at 2016-05-08 17:36
エンジョイレビン 
at 2016-04-23 15:20
再起動・・・。
at 2015-12-02 14:43
6月のあれこれ
at 2013-07-12 19:35
5月のあれこれ・・・
at 2013-05-27 14:53
お気に入りブログ
LINK
画像一覧
以前の記事
検索
記事ランキング
その他のジャンル