カテゴリ:怪我・病気( 65 )

ドリィの闘病記録 2013/2/19
このタイトルで再び書くことになってしまった。

ドリィが回復とまではいかなくとも自分の足で歩きトイレをし食事ができる日々が戻ってきていた。
しかし、今日久しぶりに検診して分かったことがあった。
f0025769_20551862.jpg

まず、腫瘍は悪性らしいということ。
なぜなら・・・
肝臓にも複数の腫瘍がみつかった。
脾臓から転移したものか、元々肝臓にも腫瘍があったのかは分からない。

血液検査では再び血小板の数値が減少。
それでもドリィが元気に動けるのは貧血状態に慣れてきているからだろうか?
そして肝障害を示すGPTも急上昇していた。
エコー検査では肝臓に複数の腫瘍がみられる。
大きなもので直径5cm
まだ貧血状態が続くドリィには抗がん剤は使用できないらしい。
出来ることはまだ食欲があるドリィに栄養のあるものを食べさせ無理をさせないこと。

ドリィが私を呼ぶときはいつも「おやつちょーだい!」なんですよ(^^;

気づけばいつも同じ格好で寝るどりさら・・・
f0025769_20551529.jpg

f0025769_20551493.jpg

不思議だ(笑)
-----------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-02-19 20:59 | 怪我・病気

散歩の楽しみとお手伝い
散歩に行くとたくさんのお友達に会える。
みんなドリィが散歩に出てこれるようになったことを喜んでくれる。

さらさはアンちゃんに大歓迎を受ける
f0025769_12463590.jpg

ドリィはベッキーに大歓迎を受ける
f0025769_12463833.jpg

そしてたくさんの飼い主さんに褒められ撫でてもらいおやつをもらう
f0025769_12463381.jpg

散歩の楽しみのひとつがこうしてみんなに会うこと。
風を感じ、アスファルトや地面を踏みしめ自ら歩けることは幸せだねドリィ。

ドリィは以前の生活に戻ったかのように過ごし始めた。
短い散歩から帰るとまた階段を昇らなければならない。
しかし、登りはお尻を支えれば自分で進んでいく。
それは日増しに私の支える力を必要としなくなってきた。

ドリィが歩く力を増していく中、“お手伝い”をしたい意識も戻ってきた。
階段を上がる時はいつも何かを運びたがるドリィ。
私がもっているものなら何でもいいのだ。
買い物袋でもサイフでも新聞でも・・・。
奪うように咥え、さっそうと階段を進む。
f0025769_12485464.jpg

f0025769_12485690.jpg

無理して欲しくないけどドリィのやる気も奪いたくない。
ひと仕事終えて満足!満足!
f0025769_12485890.jpg



------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-02-10 13:08 | 怪我・病気

魔法のリングとだっこ紐
魔法のリング・・・それは首輪です。

ドリィはお散歩が大好き。
寝たきり生活から抜け出せたのはお散歩に行きたいというドリィの気持ちだった。

ドリィに首輪を見せ「お散歩行こう!」と言うと立とうと頑張る。
f0025769_15223576.jpg

まだ後ろ足に力が入らない頃も、そっとお尻を支えて補助してあげれば立つことができた。
今では自力で立ち上がる。
f0025769_15223841.jpg

その後はだっこ紐の登場。アイアンバロン:ドッグキャリーハーネス だっこ紐
我が家で一番の難関は急で細い階段。
リビングが2階にあるため、外へ出るためにはこの階段を下りなければならない。

まず床にだっこ紐を置く。
f0025769_15224029.jpg

ドリィの足をだっこ紐の所定の位置に誘導。
f0025769_1522435.jpg

両サイドの肩紐をたすき掛けにする。
※肩紐をできるだけ短くしているのできつそうですがドリィの足が長いため階段に着いてしまうからです。
f0025769_15224664.jpg

さあ!ここからいよいよ階段を降ります。
f0025769_15224839.jpg

ゆっくり慎重に(^^;
f0025769_1532362.jpg

転んで怪我したくはありません。
でもドリィはジッと静かに動きません。
f0025769_153251.jpg

ドリィの協力なくしては無理です。
f0025769_1532726.jpg

無事階段を降りたら散歩用ハーネスを付けてお散歩です。
いってきまーす!

-----------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-02-09 15:38 | 怪我・病気

リビング生活
ドリィはソファーでくつろぐことが増えてきた。
f0025769_1954776.jpg

それでも午前中は食欲がないらしく何も口にしてくれない。
昼ごろになるとようやく食べる気になってくれる。

午後になるとちょっと元気になり甘え放題。

今日は朝から雪が降っていてため夕方17時ごろ散歩に出た。
ちょっと心配なのが散歩から帰るとしばらく震えている。
どこか痛いのだろうか?
3分程すると落ち着く。

お腹に出来ていた紫斑はきれいに消えた。
f0025769_1954936.jpg

夜はドリィも私もしっかり寝れる日が続いている。
それでもリビング生活はまだまだ続きそうです^^;

-----------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-02-06 19:20 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 15日目
2013年2月4日(月曜日)

f0025769_1115978.jpg

ドリィとは朝夕1回ずつ軽く散歩に出るようになった。
f0025769_112277.jpg

ドリィとの散歩が終わるとさらさの散歩に出る。

さらさと散歩から帰るとドリィがソファーにいた。
どうやら自分で移動したらしい。
f0025769_10561755.jpg

昔からの定位置。落ち着くのかな?

お水も誘導すれば自分で飲みに行くとこもできる。
f0025769_10561965.jpg

ただ、食事は器からあまり食べてくれない。
いろんな素材を混ぜてもダメ。
チキンならチキンを私の手から少しずつ小さくしたものを食べる。
今はお肉類とチーズとジャーキー系のおやつ類しか食べようとしない。

これらさえもいらないと言うときがある。

食いしん坊のドリィがここまで偏食になるなんて・・・。

-----------------------------
f0025769_1056229.jpg

今日で半月経ちました。
散歩にも行けるようになったので
ドリィの闘病記録というタイトルでの投稿は終了します。
次回からは通常の日記として報告します。
-----------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-02-05 10:58 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 14日目
2013年2月3日(日曜日)

今日で2週間。
毎日ドリィのお見舞いに来てくれる人は途切れなかった。
ドリィがこれほどみんなに愛され心配してもらえるなんて
こんなことにならなければ気づかなかったかもしれない。
感謝してもしきれいない。

今日は近所の若い散歩仲間アンちゃん、ベッキー、メイちゃんが途中寄ってくれたり
昔なじみの13歳のローラさんが会いに来てくれたり
15歳になるポンポンばあさんまで会いに来てくれた。
これらがドリィの散歩へ行きたい!お外へ出たい!という活力になっているのは間違いないと思う。
f0025769_21344078.jpg


昼間はローラさんと軽く近所を散歩しようとしたらドリィは普段の散歩コースへ行こうとする。
ドリィが行きたがるなら一番近くの公園まで行ってみようと思った。
暖かく気持ちのいい日差しの中、垣根の匂いを嗅ぎ歩き、芝生に寝そべり少しの時間過ごした。
残念ながらカメラも携帯も忘れ写真がない。
ほんと残念。
f0025769_21344324.jpg


夕方もさらさと家を出たが今度こそは近所だけにしようと思ったのに
パパさんとさらさが散歩に行ってしまうとドリィは家に帰る道のりでピタっと足を止め帰らないという。
11年以上ドリィと散歩して初めて私が進もうとする方向を拒否した。
「公園行きたいの?」そう聞くとクルっと向きを変えさらさとパパさんの後を追うように歩き出した。
再びローラさんと昼間に行った公園を散歩してから帰ってきた。

夕飯をしっかり食べ今は熟睡してる。
明日は公園で写真を撮ろうと思う。
明日のことを考えるのはとても楽しいことだね。

-------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-02-03 21:35 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 13日目
2013年2月2日(土曜日)

先生から少しづつ散歩して歩くリハビリしましょうと言ってもらえた。

今日はまだ150mくらいの往復だけど家の前では疲れて座り込む。
それでも途中、トイレも済ます。
住宅地なのでひしゃくを持ってしっこをキャッチ。

朝夕2回のお外。
今はこれで大満足なドリィ。
少しずつ距離を伸ばせるように頑張る!

ベランダは床の滑り止めにゴムマットを購入。
早速貼ってみた。
効果は良好!
f0025769_20191780.jpg

施工・・・といってもゴムマットを敷いただけともいう。

unchiは色も形もいい感じ。
食欲も選り好みするがまずまず。

ドリィの回復には脅かされるばかり。
もちろん油断はできないがひと安心。

すっかり細くなったドリィの体。
今後の課題はモリモリ食べて体力つけること。
f0025769_20191938.jpg


みなさんの激励や応援のおかげでドリィも私たちもここまで頑張れました。
ほんとうにありがとうございます。

--------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-02-03 20:22 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 12日目
2013年2月1日(金曜日)

紫斑は日増しに薄く消えてきた。
f0025769_14273633.jpg


体重がかかる刺激が影響したのか・・・。
バランスボールのリハビリ効果がでたのだろうか。
ドリィに動く意思がでてきた。
バランスボールはちょっと大きかったので空気を抜いて調節。
時間がたつと楽な姿勢を取ろうとするのでボールを動かし足にしっかり重心を乗せるようにする。
f0025769_14273475.jpg


午後、ドリィの気を紛らわすためにオヤツを入れ転がすと
ポロッっと出てくる“コロコロ”で誘ってみた。
「ドリィ!コロコロどこ?持ってきて!」
するとおもちゃ箱へ這っていきコロコロGET。
これは行ける!と、中にお気に入りのチーズをいれた。
ドリィに渡すと転がしてオヤツを出そうとがんばる。
不規則に動くコロコロが床の方へ転がる。
なんと!ドリィ、立ち上がって拾いに行く。
(おいおい!立てるんですか!?)
布団に戻り再び転がす。

こんなことがあり、ドリィは歩けるんだ!
もしかして甘えてるだけ?
(あえて騙されてた?という言葉は慎もう)

いつもトイレのためにドリィを立たせようとしても
全身の力を抜き、脱力感いっぱいのドリィ。
後ろ足はぶ~らんぶらん。
麻痺が出てるのかも!と山ほどの心配をしてたのに。

その後も私が傍を離れるとワンワン吠えて抗議の嵐。
今度は散歩で誘ってみる。
「さらさ!ドリィうるさいから散歩行こう!」
するとドリィ、立ち上がり自分も行くとばかりにドアへ歩く。

・・・やっぱり歩けるのね・・・。
ここでドリィの歩く威力をしぼませちゃ行けないと外に連れ出してみた。

外に出るとトコトコと歩く。
そしてトイレを済ませまた楽しそうに歩く。
多少ふらつきながらも、ほっておくとどこまでも歩いて行ってしまうくらいだ。
f0025769_1427393.jpg


この急激な進展に驚きもしたが何よりも嬉しい。
外の空気を吸い、自分でトイレができることに満足したドリィは部屋に戻ると
しばらくぐっすりと寝た。

それでも布団の上では甘えっぷり全開であれやこれと世話をさせ、傍にいてと注文は多い。

心配事がない限り往診はなくなった。
先生との定期連絡のみ。
一日の行動や状況を報告して指示を受ける。

夜はベランダへ連れ出しトイレを済ます。
しかし、ベランダへ出ることにはかなり抵抗する。
ちょっと足場が滑るからだと思う。
なにか対応しなければ・・・。


--------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-02-02 14:34 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 11日目
2013年1月31日(木曜日)

7:00 トイレ(200)
8:00 食事:牛肉・鶏肉・ドライフード
10:00 トイレ(100)
10:30 トイレ(UNCHI)
13:30 トイレ(200)
14:00 往診 カテーテル取替・痛み止め注射
17:00 トイレ(100)
19:00 トイレ(200)
23:00 トイレ(100)
1:00 トイレ(150)

その他口にしたもの:チーズ・マグロジャーキー・パン・クッキー等
夜中のトイレはなくてもよさそう。
f0025769_18465136.jpg


間食にドライフードを与えたりするのだが器からは食べようとしない。
数粒ずつ口に持っていくと食べる。
これは完全に甘え過ぎ・・・。
f0025769_18465525.jpg


そしてそれは突然だった。
友人が差入れに持ってきてくれたパンをどりさらと食べていた時
ぷ~~~んと漂う匂い。
?????
ドリィのかけ布団をめくるとこんもりとブツが。
あり得ないものを見てしまったように驚いた。
ドリィを見ると困ったような切なそうな顔。
「いいんだよ!」と声をかけお片付け。
その後ドリィは久々に安心したのかぐっすりと寝た。
寝息も穏やか。
丸2日我慢に我慢して溜め込んでた。
かなりスッキリしたのだと思う。

往診時にドリィの筋力について相談。
寝たままで関節が痛いのかもしれないと念のため痛み止めの注射。
対策としては手足を自転車を漕ぐように回しストレッチ。
バランスボールを使い自力で立てるようにリハビリ。
f0025769_18465781.jpg

これらをしばらく続けてみることに。

ドリィ・・・まったく足に力が入ってない・・・。
麻痺してるように足の甲が床についても戻そうとしない。

が!しかし、本日(2/1)自分で立ち上がりトコトコ歩いた。
詳細は明日の報告で!

------------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-02-01 18:50 | 怪我・病気

ドリィの闘病記録 10日目
2013年1月30日(水曜日)

7:00 トイレ(200)
9:30 トイレ(100)
9:45 食事:鶏肉・レバー(300g)
11:30 トイレ(150)
14:00 トイレ(100)
17:00 トイレ(150)
19:00 食事:牛肉・ドライフード少々
20:00 トイレ(250)
22:00 トイレ(190)
1:00 トイレ(150)

その他口にしたもの:チーズ・マグロジャーキー・パン・クッキー等

今日は昼間から抗議の吠え声。
うんPしたいのだ。
でもドリィは立てなくなってるらしい。
筋肉はほとんど見当たらず手足はふにゃふにゃ。
一昨年前、腰の手術をした際に落ちてしまった筋肉が少し戻りつつある状態だったため
今回1週間の寝たきり生活は一気に筋力を奪ってしまったのかもしれない。
f0025769_11465664.jpg


トイレに行きたいとの抗議は夜中まで続く。
少し寝ても1~2時間後にはまた高く悲しい吠え声。
私にはドリィが寝たまま排泄してくれるのを待つしかできない。

おしっこの量が減った。
お水も飲む量が減った。
排尿の間隔を少し開けてもよさそう。

さらさにも負担がかかっているようだ。
ドリィが具合が悪くなった翌々日からさらさのお漏らしが始まった。
私はドリィに付っきりで朝晩の食事以外にも
あれこれとドリィが食べてくれそうなものを与えお水を飲ませ
寄り添いながら一日のほとんどを過ごしている。

さらさは以前から家にいれば寝て過ごしているのだが
何よりも同じように過ごす事を好みそれが安定につながっているさらさにとって
この状態は不安だらけなのかもしれない。
散歩は不定期になりドリィだけがおやつをもらいなんでも二の次にされる。
f0025769_11465887.jpg

ごめんよさらさ。

◆◆◆◆◆速報◆◆◆◆◆

2013年1月31日AM10:30
ドリィNEGUSO記念日
詳細は明日!

------------------------------------------
[PR]
by Ake-ID | 2013-01-31 11:50 | 怪我・病気


ドーベルマンと暮らす日常  レビン2015.5.17生まれ With ドリィ&さらさ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
4月のレビン
at 2016-05-08 17:36
エンジョイレビン 
at 2016-04-23 15:20
再起動・・・。
at 2015-12-02 14:43
6月のあれこれ
at 2013-07-12 19:35
5月のあれこれ・・・
at 2013-05-27 14:53
お気に入りブログ
LINK
画像一覧
以前の記事
検索
記事ランキング
その他のジャンル